<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
すべりこみ、ラス1のお得ランチ。平日お昼のそば膳 ☆ 蕎麦切り 翁 【戸越銀座】



近所にチェーン店のクリーニング店は結構あるけれど、
これ! というものは、戸越銀座にある個人経営のクリーニング店に持っていくの。
風邪ひいたり忘れてたりで、仕上がり日から10日近く過ぎてやっと取りに行くついでに
戸越銀座でランチ。 




『蕎麦切り 翁』




ここまで暑くなると、思い浮かぶのはさっぱり冷たいもの。
冷たい、麺・・・      となると、ラーメンでもおうどんでもなく、お蕎麦なのよね。




昼どきをはずそうとして、読みかけた本が面白くて、ラストオーダーぎりぎり、
目当てのセット、らすいち! 




   お昼のメニューと冷たいメニュー




店内は20席。 直前まで満席だったらしく、座った席以外はまだ片付いていない状態だった。
ランチタイム・ラスト客だったので、ひいた後の店内。




   和風の店内。




炎天下を歩いてきたので、氷の浮かんだ冷たい蕎麦茶は極楽の味。 




   氷・・・    ありがとう。




平日お昼のそば膳    1,030円




   平日おひるのそば膳




ごはんものは日替わりらしい。  鶏そぼろなんて超ラッキー! 
おひたしってどんな野菜でもOKなんだな。 きゃべつのおひたし、さっぱり美味しい♪
黒い器は茶碗蒸しなの。  夏だから冷奴とかに変わってるかと思ったらやっぱり茶碗蒸し。
うちでほとんど作らないので久しぶりだわ。




   鶏そぼろごはん・天ぷら・きゃべつのおひたし。




天ぷら用の塩、かと思ったけど、お蕎麦を塩で食べるのも「あり」なのよね。 
天つゆには鬼おろしが1さじ。 でも暑いからか、てんぷらはお塩でたべるのが美味しかった。

お蕎麦は細切りと太切りを選べるけれど、細切りすら、弾力、というか、コシ、というか
噛みごたえのあるお蕎麦で、究極の、アルデンテ。
お蕎麦屋さんごとに、ほんとに食感が違うので、食べ比べるの楽しいかも!! 
実は戸越でもう1軒、是非食べに行ってみたいお蕎麦屋さんがあるの。




メニューに載ってなかったけど、デザート付いてた♪
ちょい・・・    っとつぶあんの乗った、アイス。




   デザート付き♪




蕎麦湯も込みで完食。    満足だわ。 

せっかくだから、去り際に外観も激写。




   外観も和風。





テレビでよく出てくるから、土日は観光客的な賑わいのある戸越銀座だけど
平日は静かなもんよ。 
昔ながらの洋品店の店頭には、今でもニーズがあるのか!? 
と思うようなスクール水着がハンガーに吊るしてあり、
ブティックの店先には、威風堂々と、ヒョウ柄プリントの、フリーサイズのTシャツが
ぶら下がっている。
肉屋の前を通り過ぎたら、コロッケの匂いがフェロモンのように漂い、
誘惑ハンパないわ!! 

東京の、隠れた名所のような場所に、日常的にふらっと歩いていけるなんて
なんて贅沢。 

こうやってまた、地元完結が確固たるものになっていくのね~。 




◆蕎麦切り 翁
 豊町1-7-6 (銀六ゾーンのはずれ)



この夏は蕎麦食べるぞ!
にほんブログ村☆クリックありがとう!

お急ぎでなかったらクリックよろしくね!

関連記事

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

Secret
(非公開コメント受付中)

もう1件の方は行ったことあります!
こちらのもおいしそうですね!
maoさん
もう1軒の方は、
店名明かしていないのに、
なにゆえ分かるの・・・  ? i-282
もう1軒
あ、勝手に思い込んじゃってました。
さくらそばがあるところでは?
そして"けん"の字間違ってましたね。わたしってばっ!
maoさん
さくら蕎麦のあるとこもね、気になってるけど違うの。 i-237
十割蕎麦のお店なんだ~。
近々行ってみるわね。 e-284
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

三毛猫

Author:三毛猫
大崎在住o-40

最新記事
☆ランキング参加中☆
クリックよろしくね♪
にほんブログ村☆クリックありがとう!
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
☆今日はどこかな?☆
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
旧ブログはこちら!