<<10  2017,11/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都の老舗で最高のすき焼きを堪能♪ ☆ 三嶋亭 【京都】





今日はちょっとお写真が多いわよ!

GWの後半、夫と2人で京都へ参りましたの。
お休みの都合上、日帰り強行軍。 9時半の羽田発で伊丹に向かい、バスで京都まで。
向かった先は、三条、寺町。




『三嶋亭』




関西でも有名な、牛肉のお店。




   京都・三条





10数年前に行ったのが最後、行きたい行きたいと思っていたのが
ついに叶ったわ。 




   三嶋亭





人気店でもあるし、GWでもあるので、
はるばる東京からやって来て満員で入れないとなると泣くに泣けないので、
2週間以上前に予約して、個室をキープ。
個室しか予約できる席がなかったのよ。   さすがだわ。 電話してよかった。


入り組んだ屋内の階段を上ったり下りたりして、




   入り組んだ屋内。





落とした照明で薄暗い、長い廊下の一番奥の部屋に通される。




      薄暗い廊下。





4畳ほどの小さな部屋に掘りごたつのテーブル。




      小さな個室。





見事な欄間にこれまた控えめな照明。




   ふすま1枚。





ふすま一枚隔てただけの部屋なので、隣室の会話は筒抜け。
年に何度か来ている常連さんらしく、景気のいい話が聞こえていた。




      裏庭。




縁側続きの裏庭。
たぶん階段上って、下りたので、ここは1階なんだろうな。

まずはヱビスで乾杯♪




   まずはヱビスで♪





お昼時で、混んでるのか、ずいぶん待ってお肉が出てきた♪ 




   肉ぅ~♪




三嶋亭は、肉の産地にこだわらずその日の良いものを使うとか。
この日は長野の信州牛だったらしい。
すき焼きは中居さんが全て賄ってくれる。
まずは鉄鍋に牛脂を溶かして、お砂糖を入れて焼く、関西風。




   お砂糖を入れる関西風。




そこに牛肉を投入!

焼けます♪焼けます♪




   焼けます♪焼けます♪




まずは一枚、卵にくぐらせる。




   できました♪




わりと赤身のお肉なのに、くちの中に入れると、
噛まずにとろけていくような、柔らかくて、旨みの濃い、 お肉♪ 




   いただきます!




最初の一枚で、夢見るような気分になって、野菜ができるのを、待つ。




   お野菜もいろいろ。




野菜が一通り終わるころ、また中居さんがやって来て、
第2ラウンドのお肉♪




   第2ラウンド♪




九条ねぎ、辛みがほとんどなく、めっちゃ美味しかった♪

結局、大きなお肉が1人3枚。   充分堪能できましたわよ。 




〆のごはん。




   〆のごはん。




この、肉そぼろがまた、旨いんだな! 




   肉そぼろが最高♪




これは自宅用に買って帰った。

最後はフルーツ。    完熟メロン。




   フルーツは完熟メロン。




京都まで行く甲斐のあった、最高のランチでしたわよ。 





◆三嶋亭 (⇒ HP
 京都市中京区桜之町405




夢のようなお肉だった。 
にほんブログ村☆クリックありがとう!

お急ぎでなかったらクリックよろしくね!

関連記事

テーマ : 関西の美味しいお店
ジャンル : グルメ

Secret
(非公開コメント受付中)

すてきー!
ここ1,2年、だんなさんと年1回旅行に行っています。
京都もいいですねー。
日帰りできちゃうんですねー。びっくり!
maoさん
関西なら十分日帰りできるわよ。
でもお泊りしたらもっとステキよ♪
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

三毛猫

Author:三毛猫
大崎在住o-40

最新記事
☆ランキング参加中☆
クリックよろしくね♪
にほんブログ村☆クリックありがとう!
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
☆今日はどこかな?☆
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
旧ブログはこちら!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。